<   2007年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アカデミー賞と聞けばやっぱり私にとって今年はパプリカなわけで。
なんかあやふやでよくわからないままになっちゃったけど、候補にあがったって聞いたときは本当に嬉しかった。
なんともなしに公式HPに行って、主題歌聞いてたらなんだか、また観たくなってきたので、上映劇場を調べてみた。
しかし、結果はもういつのまにか関東近辺で上映している所は無しという悲しいもの・・・!時かけがあれだけロングランだったんだからパプリカだってそれなりに長くやるだろうなんて当ての無い思い込みでぼんやりしていたらこれだ!ちくしょう!
うーん、今敏って実は日本ではまだまだなのか?

パプリカ主題歌を聞いてると、思い出すのは東京国際映画祭・・・ほんっとうに楽しいイベントだった。
普段はお堅い(という私的イメージ)の六本木ヒルズ中にオマツリな空気が漂っていて。
正面の吹き抜けの、でっかくて長いエレベータのところのスクリーン(わかりづらいよ)では、映画祭の宣伝で、ナレーターが「Moooovieeeeee!!!!」とか叫んでて、以前クレしんオールナイトで訪れたTOHOシネマズ六本木ヒルズでは、スーツ着込んだ関係者が忙しそうに歩き回る中、TOHOシネマズのスタッフは我関せずといった表情でぼんやり立っている(笑)
この、ビジネスと娯楽のビミョーな温度差がすっごく面白かった。
個人的には、パプリカを観終わった後、即効で本屋に行って原作本を買った後、スタバでそれを読んだことがなんだか印象深い。
なんでだかはよくわからないけど・・・あの、「パプリカ日本初上映ですよ!」の興奮した映画館から出て、それこそ虚構の世界から現実の世界に帰ってきて、しかし(私は何か特別なことがあるときしか入らない)スタバでコーヒーを飲むという感覚。つまり・・・私にとっての、現実の中にある特別な空間である場所へ、虚構の空間から移ったという不思議な浮遊感。
しかもそこでまた虚構の空間へのイメージを再構築するという・・・なんか色々なものが入り混じった感覚。
ちなみにこれは普通の映画鑑賞の時には味わえないものだと思います。普通だったら、映画観終わったら帰るなり別の場所で遊ぶなりします。国際映画祭の時は、夜中の11時から「妄想代理人」のイッキミがあったから帰れなくて、しかもあんまり歩き回ると体力を消耗するだろうから極力ヒルズ近辺にいようと心がけていた(笑)
まあ、こういう暇人はヒジョーに少ないとは思うけれど、だからこそ貴重な体験ができたなあと、今思うと嬉しかったりする。
「映画は体験だ」っていうのは細田守監督が仰っていたけど、本当にそのとおりであって、そこが映画のとんでもなく素敵な魅力だなあとつくづく思う。
小さい頃、母が小田原の小さな映画館にセーラームーンやドラえもんを車で観に連れて行ってくれたこと。本当に小さい頃のはずなのに、なぜか今でもありありと、映画館周辺の建物や道路のつくりを思い出せる。
「猫の恩返し」を見終わって、売店のグッズを友達と一生懸命品定めした。色々なキャラクターのストラップが売っていて、どれを買おうかすごく悩んだ。友達と二人で、「皆大好きだから困っちゃうねえ」と、笑いあったのを覚えている。なんだかすごく幸せだった。
こうやって思い出すと、思い出深いものがどれもアニメ映画というのが不思議。好きな洋画邦画もたくさんあるのになあ。
まあとにかく、パプリカの主題歌を通して映画体験の素晴らしさについて思いを馳せてみました・・・と!(むりくりまとめる)

ところでアカデミー賞ディパーテッドって意外だなあ。アカデミー賞かあ。

そういえばエヴァウエハース今日もう一回買ったら、今度はゼーレのオッサンが当たりました。き、厳しい・・・!!(涙)
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-26 23:49 | その他アニメ

あわわ

忘れてた・・・
「いいとも」は来る前日に電話があるんじゃないか・・・っ!!!!!!!
ゆーじんが「いいとも!」って言ったんだって
ゆーじんが「いいとも!」って言ったんだって
ゆーじんが「いいとも」って・・・きっきっききたかったぁぁぁ
結局誰の紹介なんだよー公式調べてもわかんなかったしぐうう。
あと二時間!あと二時間!


モーニング買いました。目当てはよしながふみの新連載!
もうなんていうか・・・死ぬほど私好み。いや、男がじゃなくて!(嘘です)
料理シーンが本当に素敵だった。あんなふうに、リアルに生活を描写できるようになりたい・・・
食費云々の会話もいいなあ。もうどこをとってもすごくいい。
月イチ連載か~・・・待ち遠しい!
買ったついでにピアノの森久しぶりに読みましたが、カイってこんな性格だったっけ・・・?
なんか普通のサクセスマンガみたいになっちゃってちょっとなー。
あとエヴァウエハース第二段買ったら、一発でカヲル君ゲット!!!
こういう運がなかなか良いんだよアタシャ。ぐえへへへ。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-22 10:29 | ゆず

*

f0092864_2223125.jpg
ありのままでらびんゆーいつもーきみに
「ついていっちゃうんだから!」

今度はミーナ。前回のワタルはぶっちゃけほぼ模写だけど今回は自分で動かすとしたら・・と考えてみた。が、失敗。
可愛くダンスしてほしいなあなんて思ったけど「ありのままで~」の映像の良さは人物の動きのシンプルさにあるのではないか?とも思う。
実はミツルでやろうとおもったけど何をやらせても変だった・・・(笑)むむむ。

関係ないけどさっきブレイブAMV見てたらソレブリアの赤青対決シーンできゅーんとなりました。あっあれおかしいな今までそんなことなかったのに・・・
あそこ見るたびにスレイヤーズ劇場版のリナとナーガの魔法対決を思い出す。絶対意識してるはずだ!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-21 22:31 | ブレイブストーリー

ちょっとちょっと明日の「いいとも」見てください明日の「いいとも」を見てくださいお願いします

とうとう、とうとう、っていうか別に待ってたわけじゃないけど
あの柑橘ユニット、ゆず!が!

「笑っていいとも」に出演!!!!!!!!!!!!


だっはー!!!!!!「いいとも」だよーいいともだよー!!!!!!!
うおぉぉ・・・・!!!!たたたたもさん!!!!!
ってか誰の紹介なんだ。誰だ・・・きききになる。ユースケ?
普通にしゃべって動くあの人たちを見るのが久しぶりなので普通に嬉しいっっ・・・北川さん髪の毛切ってると イ イ ナ !!岩沢さん太ってないと イ イ ナ !!!
ぎゃーもう明日アルタ行きたいアルタ・・・おっといけねえ追っかけはやめると宣言した(身内に)ばかりだというのにもうこれだよ!


ゆずつながりってわけじゃないけどゆずがコメント寄せてるらしいので「別冊カドカワ」読みました。スガシカオ特集のやつ。
そしたら羽海野チカ先生のエッセイマンガ(?)がっ!!あれでうっかり買いそうにになりました。
ひさしぶりにハチクロメンバーズに会えて本当に嬉しかった。そして真山のとんでもないエロさにドキドキしちゃう!(@スガ)ってか竹本君髪伸びた?
早く新作を書いてくれとまでは言わないけど、こうやってマンガとポエム(あえてそう呼ぶ)でウミノ先生の好きなものを紹介してくれたりっていうのをちょくちょくやってくれないかなあと思う。
だって「イノセンスを待ちながら」もすごく良かったし・・・あれのおかげで気になってしょうがないので、明日パトレイバー観に行ってきます!
ホント、新作はもう何年だって待つから・・・あんまり急ぐとなんか病気になっちゃいそうなんだもんあの漫画家!ほんと、いつまでものんびりとほんわかとしていてほしい。

こないだの夏美絵、おっぱいが駄目だ・・・。おっぱいが上手く描ける人になりたいよお!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-21 18:26 | ゆず

おおおっ・・・!!!と追記手塚

う、うかった・・・・
大学受かった。
とりあえず入ろうかと思う。
とりあえずってなんじゃというかんじですがとりあえず入って死ぬほどバイトして次のステップに進む準備、そして憧れのアニメ様の元でバイトできるようにいろいろ頑張ろうと思う。
去年、退学した大学からの合格通知が来たときよりもちゃんと嬉しいので、たぶん大丈夫だと思う!!
まあなにはともあれ親は一応安心・・・してくれるのかな?
父はさりげなくもうちょっと上へ行ってくれないかなあということをさりげなく口にしていますが(笑)。しかし父はそのためには予備校だのなんだのというところへいくらでもお金を払ってくれる人で、一体どこからそのお金が出てくるのかと子供ながらに心配になってしまう・・・・やっぱちゃんと貯金してたのか?
まあとにかく結論としてはまたあの予備校独特の死んだ空気に包まれるのはごめんなので、これでいいと思っています!
よっしゃ!

だが今なにより嬉しいのは、某さんの言葉「監督はそんなに絵がうまくなくても大丈夫だそうですよ」です(笑)あんしんあんしん!(こいつには何か大事なものが欠けている)


また追記:
http://blackjack.sega.jp/
ブラックジャックDSゲームが出てると聞き調べてみたら何このオールスターズ!!いただきストリートかい!
壁紙ロックだし・・・おわああ
しかししかししかし。陽だまりファンとして万さんのアレは認められない。認めないぞ俺は。マジで認めねえ。
アラバスターとかまで出てて、こりゃもう作った人意地になってるんじゃないかとかおもった。
ほ、本間先生目が死んでる・・・!!!
とまあ突っ込み始めたらどこまでも突っ込めるDSゲーム。うむむ~。
だが一番文句つけたいのはどう考えても絵を描いているのが外人のような気がするということだ。テレビBJでも外人スタッフたくさん使って・・・何なんだ一体。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-20 10:31 | 普通の日記

ケロロプラス追記でドラジオ

f0092864_2328667.jpg

見ないとか言いつつも気になっている。ポスターの夏美の衣装が可愛い!!
他メンバーの水着姿も非常に可愛い。夏休み映画ならいいのになあ~
ストーリーよく知らないけど、映画オリジナルキャラが夏美に惚れて「海底の私の城へ来てください!」で連れて行っちゃって、それを皆で助けに行くという筋だったらいいなあと考えました。(ポスターを見ただけでここまで妄想)
そして最後はギロロが夏美のために大活躍とかだともっといい。でもカヲル君がいるからどうかなあ。

追記;
f0092864_042222.jpg

ドラジオやっと聞けたー!!!
すっっっごい水田さんが楽しそうで幸せでした(笑)
のび太がタケコプターで登場したときはもうどうしようかと・・・!!うわあもうこのラジオずっとやってくれないかなあ!!!!
ドラのびの二人しか出ないそうですが、やっぱり他のメンバーもしゃべって欲しいなあ。
特に関智は、去年恐竜パンフレットに結構素敵なコメントを寄せていて好きになったので是非話を聞きたい。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-19 23:29 | その他アニメ

疾風伝SUGEE★YO!

f0092864_0114287.jpg

あたりさわりのないものになってしまった・・・(ほんとにな)てか本編で似た会話あったよ。

いやーOPEDのすごさもそうなんだけど、OP前のパートが!!!すごかった。
このすごさが60分続くの!?だとしたらそれって映画レベル!?なんて興奮してCM明けたらいっつものナルトアニメでした、と。(笑)
「懐かしいなー」「久しぶりだなー」そればっかりでお前ら同窓会かい!!と何度つっこんだことか。でも気持ち分かる・・・というか、ここまで感傷に浸ってばっかりのスペシャルをやれるくらいナルトは人気があるんだなあと思った。いいなあ。
しかしほんと久しぶりに映画以外のナルトをちゃんと見たのでいろいろびっくりしました・・・みんな出世しすぎだねえ!!

キーワード発表の、大きいのと小さいのが会話するのがすっごいツボでした。
「姫ちゃんのリボン」を思い出した。
時計さんに連れて行ってもらうんだよー姫子が未来に!「姫ちゃん」の中で一番好きなシーン!
番外編で未来の姫子からの目線になる話が最後に入るのもすっごい好き。水沢めぐみ大好き。
・・・・あれ、どうしていつのまに姫ちゃんの話に・・・!?てか上のまんがもどきはこのシーンのパロディをやるつもりだったのに(のにと言われても)。まあメモ程度。

竹内さんとか中村さんじゃなきゃだめなのはわかるけど、絵的に一見変化してないようなかんじがあるから、声で変化をつけられたらなあと思うけど・・・役者変えは・・・やっぱりだめだな。(自分で納得)
特に竹内さんはなあ・・・。あの年代の男の子の声質がかわるって言うのは第三者から見てすごい大変化だから、やっぱ重要だと思うんですよ。あれではちょっと全然変わってないような・・・
まあできることならどうせなら主人公ズの年齢と共に作品の雰囲気もアダルティーにする、今日の冒頭~OPあたりくらいの心意気をずっと見せてもらえたらなんて思いますけども。まあゴールデン向きではないもんなそれじゃあ・・・でも原作は・・・。
まあなにはともあれOPEDがすごくいいのでおっけ!!あとは映画を楽しみにしてる!!
公式見たら映画特報きてて、えっもうなんて思って見たら地上波で流れてた疾風伝広報とおなじだったーあれどうりで作画綺麗なはずだよ、映画用だったんだ・・・。


ED見て、都留さん夜空見上げるの好きだなあと思った。私も好き。早くアニマル家で見たい。

関係ないけど
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070215p202.htm
嬉しい・・・だが何か一抹の不安をかんじる
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-16 00:12 | その他アニメ

*(千昭)

「ありがとうございましたー」
自動ドアがかすかな電気音と共に閉まる。
商店街の一角にある小さな書店の前に、間宮千昭は立っていた。
店から出たとたん、初夏独特の湿気の多い空気に囲まれ目をしかめる。
しかも今の時間は日中、一番陽の高い正午。
学生であるはずの彼がなぜこの時間に商店街のど真ん中に立っているのかというと、テストが終わり、今日から午前中授業になったからだ。

「やったあ、明日から午前中授業だって!野球しまくれるねえ」
HRが終わり、次々とクラスメイトが部活動へと急ぐなか、真琴はのんびりと振り返り千昭と功介に満面の笑みでそう言った。
だが、その喜びもつかの間。
「おい紺野、ちょっと来い」
「・・・千昭よんでるよ」
「はぁ?なんでおれ」
「わったし今日は魔女おばさんのとこに行くから急いでるんだ!代わりに話聞いておいて!」
「だからなんで俺なんだよ!先生、真琴が逃げるぞ!」
「紺野ぉ。逃げてもこの点数は変わらないぞ?」
と、黒い教師用のファイルから、白いプリントとちらつかせた。
「あぁあ!!せ、せんせえ!!」
人の少なくなった教室に、真琴の絶叫が響いた。

「どうする、キャッチボールだけでもするか」
「冗談」
横ではテニスボールの跳ねる音が心地よく響いている。
男二人、微妙な距離感で校門を出ると、功介は図書館へ行くと言っていつもと反対方向へ向かった。
一人校門のわきに残され、なんだか突然所在無くなった千昭は、真琴のいるであろう補習用の多目的室の窓に目をやった。
この教室に彼女が世話になるのももう何度目かなので、とうとう外からでも教室の場所がわかるようになってしまった。千昭がこの時代に来たのがこの春なので、相当の利用頻度ということになる。思わず小さく苦笑してしまった。
前回は先生が来るまで功介と二人でつきっきりで教えていた。そのときの真琴のせっぱつまった表情を思い出した。
ごそごそと無駄にでかい鞄をあさり、奥のほうに入っている財布を取り出し、中身を確認する。
今日もまた福島先生にしごかれるであろう彼女に、ジュースでも差し入れてやろうか。
それにしても、今日はいつもより財布に入れている現金が多いのは何故だろう。
「あ、そうだよ」
すぐに思い出した。今日は本屋へ行こうと思ったのだ。

「旅行」のジャンルの本棚には、雑誌「るるべ」が大半を占め、後は地元の観光案内本、「地球の歩き方」の少々古い版の物が並んでいる。
各「るるべ」の表紙には、キタは北海道ミナミは沖縄まで、日本の主な地域の名称が並んでいる。千昭が探しているのはこれではない。
だが、この本棚には「るるべ」以外にそれらしい本が無い。
10分ほどかけて隅々まで目を凝らして探してみたが、どうしても見つからない。
(あっちの時代だったら)
もっと簡単に見つかるのに。全てがデータ化された千昭の時代には、全国の本屋の最新蔵書リストがインターネットで簡単に見ることができる。
店員さんに聞いてみようかとも思ったが、前回、参考書を探しに来たときのことを思い出した。店員さんも、店内全ての商品を把握しているわけではないのだと知り、がっかりしてしまったのだ。
(・・・あっちの時代だったら?)
だからなんだと言うのだ。あの時代、あの未来の時代は-・・・・
「あ、ごめんなさい」
突然の声に一瞬肩が震えた。振り返ると、誰かがすぐ後ろをゆっくり歩いていくのが見えた。この書店は狭いので、きっと鞄同士がぶつかってしまったのだろう。
「すいません」
きっと聞こえないであろう小さな声と、見えないであろう小さな会釈を返した。
とりあえずもう一度探してみよう。ここになければ電車に乗って、大きな書店のある駅で降りれば良い。この時代の、乗車率がやけに高い電車には乗りなれていないが、それでも千昭は本が欲しかった。

「あ、あの、こんにちは、あの・・・」
先ほどの声がまた聞こえてきた。誰に言っているのかとぼんやり聞いていたが、それは自分に対するものだと言うことが数回目でやっとわかった。
「あ、早川サン」
顔を上げると、早川友梨が真っ赤な顔をして立っていた。
名前を言うと、彼女は明らかに嬉しそうな笑顔になり、かつその笑顔を必死に隠すように口を動かした。
「あ、あの、今日、真琴は?」
「あいつ補習だって。何、なんかあいつに用?」
「え、いえ、そういうわけじゃないんですけど」
「たぶんまだやってると思うよ」
「あ、そうなんだ。ありがとう」
「うん」
そう言うと、千昭はまた本棚に目線を戻した。
「あの、ここ、よく来る・・・来るんですか?」
「ううん、今日が二回目」
「そうなんだ。そうですよね、帰り道反対方向だもんね」
「うん、あれ、何で知ってるの」
「あ、ま、真琴に聞いて」
「そっか」
「私ここ帰り道に通るから、よく使うんです」
「ふうん」
「旅行の本」
「え?」
「旅行の本、探してるんですか?」
「・・・・・・」
一瞬、言おうか迷った。なんだか妙に恥ずかしくなってしまったのだ。
「・・・いや、探してないよ」
目をそらして、そう言ってしまった。
「そ、そうですよね・・・・!」
なんだか妙な声質の早川友梨の声が、小さな本屋に響いた。
そのことにも動揺したのか、目線まで泳ぎだした。
「ごめんね何か、余計なこと言って」
「あ・・・え?」
「それじゃ、真琴によろしく言っておいてください」
と、わたわたと鞄を持ち直したり、スカートのすそを撫でたりと急がしそうにしながら、早川友梨は妙な仕草で出口に向かって歩き出した。
「早川サン、ちょっと待って」
小声で千昭がそう言うが早いか、彼女の鞄がどこかにぶつかり、本が数冊床に落ちてしまった。
レジの目の前にある、新刊の文庫本を置いたりするような、目立つ本棚だ。
「ごめんなさい」
「あぁ、いいよ。ごめんね」
先日千昭の参考書を探した若い店員さんではなく、年をとった白髪の目立つおじさんが、のんびりとカウンター越しに友梨に言った。顔なじみらしく、本を拾う彼女となにか会話をしている。
この人に聞けば、わかるかもしれない。そう千昭が思ったとき、友梨の手元の本に目が行った。









ちょっと一旦送信します
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-15 19:10 | 細田守・「時をかける少女」

愛ラブリボルテック

バババ・・・バーンテスおーじさぁーん!!!!!
リボルテック No.21 GR-2
/ 海洋堂
ISBN : B000M201NC

海洋堂すごっっ!!!GR-1につづき2までも!?
需要がそんなにあるとはあんまり思えないんですけど大丈夫でしょうか・・・(笑)
ロボだけじゃなくて人間たちもフィギアになんないかなあ!

シュガシュガルーンやっと見れた!すごい可愛い!ワクワクする!!!日曜日の朝に見たいアニメ。

http://www.cinemavera.com/timetable.html?no=18
キタキタこれはヤバイぞヤバイ!!!
泊り込みたいくらい観たい映画がたくさん!!!
庵野作品とかパフェブとかも嬉しいけど、それよりなによりリリィシュシュ!!!あの映画が映画館でみれるっ!!!音響設備が良いといいなあ・・・!!
「理由」はあんまり良い印象無いんだけど、映画館で観たらまた変わるかなあ。うーむ。
パトレイバーは1を家で見て爆睡したんだけど、2はどうだろうか(・・・)ウミノ先生のレビューが興味深かったから見たいんだけども・・・押井映画は難しい・・・・。

すっごい絵が可愛い手塚ファンサイトを見つけたんですけど、韓国か中国らへんの人らしく、文字がみんなハングル文字なのでなにを言っているのかわかりません。
ハングルの翻訳サイトってあるのかな?あるか。探してみよう。
しかしほんとうに絵だけ見てたら普通に日本人かとおもう。
こんな可愛い絵を書く人となら国際交流したいなあとおもった(問題発言)。


細田守監督ご結婚おめでとうございますっっ!!!!!!!
なんかもうすっごい幸せそうな家庭が目に浮かびます・・・実物、本当に本当に素敵な人だった。
あぁなんかこっちまで幸せになってきた!もっかいおめでとうございます!!

しあわせになりたいなあ。どうしたらなれるのかなあ。

メモ:2月25日ホリックツバサ映画
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-13 20:50 | 鉄人28号・ジャイアントロボ

なんていうかほんとありがとうの言葉を

どどどうしよう・・・なんかもうすっげえすっげえすっげえことが・・・・!!!
あわわ、あわわ、嬉しい、嬉しいっていうかなんかもうこれは奇跡?
結構ずぅーっと(ほんと何年かずっと)、こんなことあったらいいなーなんて思ってたことがあっさりと現実に!!
一瞬目を疑いましたよ・・・えっえっそんなまーさかー(クリカン風)
まさかあのサークルさんとあのサークルさんが一緒にオンリーイベントを主催するにゃんて!!!
いやいや、こうやって書くとあっさりしちゃうんですけど、ほんと私このふたつとも長い間ファンで・・・
しかもどっちも前にオンリー主催されてて、そして両方行けなかったんですよ泣く泣く・・・
ほんっとうに行きたくて、パンフだけ買うなんて絶対しないのに珍しくしたりして。
しかももうほんと素敵なパンフで、あぁーやっぱ行きたかったなあなんてずぅっと思ってたんですよ・・・
絵が上手いだけじゃなくて、すごくこう、イベントごとに対する考え方とかがすっごく素敵で、こっちがワクワクするようなことをたくさん考えつくすごい方なんです・・・・(すごいって何回言うんだ)
もうほんと、何があっても行く。何があっても行く。何があっても・・・いくぜえええ!!!!

それはぶっちゃけ柑橘同人なんだけど、そういえばあの二人本当に今年でとうとうデビュー10年めなんだなあ・・・
なんかこういうことにあの人たち構わないから全然はしゃいでくれないせいで全然こっちも認識できないよもう!「もうすぐ30歳~」とか歌う割には肝心の30歳の誕生日のことは日記にちょろっと写真が載ってるだけだしさあ!でもそこが大好きさ!
あの人たちの歌を初めて聴いてからもうずいぶん経つんだなあと感慨深い。
思えばあれからいろんなことがあって、たくさん喜んだりたくさん哀しんだりして、物心ついてからのその人生のほとんどが彼らの歌と一緒にあったわけで。
でも最近彼らの歌が信じられなくなっちゃって、それはもちろん私が自分を信じられていないことを反映しているにすぎないんだけど、それを認識するのも怖くなっちゃってこの人たちに関する色々なものから逃げ出したりしていて。きっとそれも私が自分を認めていないということなんだろうなあなんて。
じゃあどうすればいいのかなんて考え出すと止まらないから結局また彼らから逃げちゃう。でもそれじゃ寂しい。
あの人たちの笑顔をしっかりと受け止められる自分に、早くなれるといいなあ・・・と、すごくおもっているんだけども。だけどもね。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2007-02-12 19:38 | ゆず