<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

奥華子

うあ~、いいねいいね、細田守もう大好き!!
明日CD借りに行こう。誰かが先に借りてたりとかしてたら嬉しいな。
奥華子か・・・楽しみだなぁ・・・!!
てか早く上映劇場発表してくれ。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-27 01:26 | 細田守・「時をかける少女」

感想2

カテゴリ「批評」って、なんか生意気だな俺・・・

・ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
江原正士にやられっぱなしの90分!!!いやーん、もう、まじかっこよすぎ!!!
ラストの告白シーンとか、我がごとのように頬を赤らめてしまいました(イタタ)
しかしこれもなかなか予想以上の面白さでした。知名度低いのがほんともったいないなぁ。
ストーリーはなんのひねりもない純粋なものなんだけど、思わずワクワクというか、ウズウズというか、してしまう。なんなんだろうなぁ、こういうのって。
なんか続編やりそうな作品。できたらまた観たいけど、続編の法則からいくと観たくない・・・でも観たい。そう思わせるぐらい面白い映画でした。

・(映画じゃないけど)劇団バッコスの祭『霧むせぶトネリコの森』
チケットプレゼントで無料鑑賞させてもらっといて、アンケートにはさんざん文句を書くという暴挙に出る最悪な客は私だ。(なにをどうどうと)
なーんか高校演劇臭いんだよなー。役者が客より盛り上がってるところとか。
あぁ、もう、自分の高校時代を見てるようだった、イタタ・・・

メモ:しをんさんの新作
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-24 23:03 | 映画批評

せっかくこんなに映画を観ているんだから

レビューでもしてみようかと。(基本ネタバレで)

・Vフォーヴェンデッタ
スタッフ泣かせのタイトル。言いづらい。しかもVだけアルファベットってなんだかなあ。カタカナ表記にすると非常にダサ・・・い・・・
印象としては、脚本と演出がかみあってないかんじがしました。(ちなみに私はマトリックスがダメでした)
もっと画面の作り方を真面目にしたら、脚本家の言いたいことが伝わりやすくなったんじゃないかなーと・・・
ラストの民衆大行進とか、撮り様によってはもっとドラマチックなシーンになるのに、あの撮り方じゃなんかアクション特撮のCGみたいに見える。てかそうなんだろうけど。
もうちょっと、イヴィーと民衆の描写を繊細にしてほしかったな。
てか警部だか警視だかの人のシーン長いよ!警察サイドのシーンになるとダレたような気が・・・まぁ華のある役者いなかったしなー、あのヒトラーもどき以外。あの人好きだー
しかし、あのヒトラーもどき(名前は)と警察幹部五人の会話の撮り方、なんかあのまま日曜の朝8時にテレ朝で流しても大丈夫なくらい、平成ライダー風だったなぁ。あとエヴァを思い出した。
なんか最近のハリウッドアクション特撮モノって、ダメな方向でジャパニメーション臭い。
・・・と文句たれましたが、私はこういう映画好きです。
なによりVが素敵!!すてき!!!ああいう男の人大好き!!!

・ファイヤーウォール
思いがけない掘り出し物。面白かった。
自称パソコンオタクの私は、もう皆さんのやることなすこと感心しまくり。
ipodmini出てきたし!色違うけど。
まぁパソコンわかんないひとはちょっときつい映画かもとは思うけど。
なんかCMが、ちょっと「逃亡者」を思わせる(少なくとも私には)かんじだったから、それで古き良きハリソン・フォードファンの中年の方がこの映画を見て、「全然わかんなかったわー」となってたら申し訳ないな・・・
いやしかし、やっぱ外国のサスペンスってほんと、面白いんだなぁ。

・コナン2006
これも掘り出し物。すげえ面白かった。
アニオタの身としては、コナンって結構どうでもいい領域だったりして、暇つぶしぐらいで見たんですけど、面白かったー!!
青山キャラのルックスが非常に好みなんです。
もう、あのカッコイイキャラたち(男も女もオッサンも)が次から次へとカッコイイ台詞やら行動やらをしまくる2時間。ごちそうさまでした。
声優ファン的にも、非常に見所があるし。大塚とか若本とか!
まぁ逆に、ダメな人はほんとだめなんだろうけど(私は中盤までだいぶ演出に寒さを感じた)、私は大好きです。
こういう、とにかくさまざまな角度からお客に楽しんでもらおうとしている映画って、素晴らしいと思います。

・クレしん2006
これが超期待はずれ。もとひら了に期待しすぎた。
というか、ムトウがいけないのか?もう誰が悪くてここまで駄作が生まれるのかがわからない。
無意味なホラー描写ほど、残酷で暴力的なものはありません。腹立たしい。
ほんと、せめてあのホラー描写に意味があればまだ許せる。
風間くんのママをあんなにして何の意味があったんだ。
クレしん映画を見に来る家族と、野原一家っていうのは、近い存在だからこそ、クレしんに作品と観客の一体感が生まれるんじゃないのか?一家の母に(いくらクローンでも)あんなグロテスクな行動をさせるその神経がわからない。
つーか、ツンデレのクローンがアミーゴ鈴木、という筋の方がよっぽどまとまりがいいと思うんだけどー
もう、クローン問題に手を突っ込んだようで突っ込まなかったよなぁ。まったくもう・・・・何がしたかったんだよ、この映画・・・
原監督が「オトナ帝国」で作り上げた、「作品+観客(親&子供)がひとつになることで生まれるもうひとつの映画」は、もう二度と見れないんだろうな。奇跡だったんだろうな。
まぁこれについてはまた今度・・・

メモ・29日 明星CD
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-24 00:19 | 映画批評

「時かけ」の予告編が大好きだ。

最初は、ちょっと地味かなって思っちゃったんですよ。
まぁ、トレーラーがわかりづらい映画の方が、本編面白いし、全然ありだなー、にしても地味だなーみたいな感じで見てたんです。
でも、昨日なんともなしに久しぶりに観たら。
うっかりちょっとだけ涙腺が緩む自分がいた。
何だろう、何でこんなに胸が熱くなるんだ、このトレーラー。
なんか、ウォーゲームを見たときと同じ気持ちになる。

自分がこの物語と同じ経験をしたわけじゃないのに、なぜかこの体験を共有しているかのような感覚。
映画が終わると同時に、映画の人物達も自分も同時に、この体験を二度と味わえない存在になる。この、不思議な一体感。そして、一種の寂寥感。
次にまた初めから見ればその気持ちは忘れている。だが、それも見終わる頃には、また同じ気持ちになる。
あの夏の日に、麦茶を飲んで、アイスを食べて、なかなか出なかったり勝手に切られたりする電話にイライラして、災害用伝言ダイアルにたくさんのメッセージを残して、最後はベランダからお台場の海を眺めた。

あの出来事は、もう二度と体験することは無い。

もちろん、日常というのは必ず一期一会なのだけれど、細田守の描き出す空間というのは、その一期一会にとんでもなく特別な思いを感じさせる。
寂しいし、悲しいけれども、どうしようもなく、嬉しい。この瞬間に立ち会える喜びは、それを感じる自分自身だけのもの。これがすごく嬉しい。

その感覚が、「時かけ」のトレーラーにもある。
トレーラーでこんなに感情を揺さぶられるんだから、本編なんてどうなっちゃうんだろう。
ストーリーもまだ全然わかんないし、ホントにすごい映画になりそうだ。
こんな素敵なクリエイターと同じ時代に生きることができて、もうほんと、幸せです。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-19 20:55 | 細田守・「時をかける少女」

ブレイブレポート

くっそー、やっぱminiは不便だ。
ipodいいなぁ。ちくしょー!!!

ブレイブレポートの予告編、なんじゃありゃあ!(笑)
期待しちゃったじゃないかぁ!!!
でも、あんまり公開前に本編映像見すぎるのもアレなので、ほどほどに流してほしいです。
てか、ブレイブレポートといい、各ブログといい、ブレイブ広報スタッフはアホなノリが非常に楽しい。
なんかすごく楽しそう。いいなぁ、こういうプロ。
公開してみないとほんとなんともいえないけども、今現在メディアに公開されている情報は、どれも好印象。
インタビュー記事・ブログなど、どれを読んでも、冷静さの中に確固とした作品への自信を感じる。
まぁ、自信を感じさせてくれないと困るんだけれども(笑)。

それに対し(フジ・ワーナー配給のブレストと比較するのが間違っているが)、まったく情報が流れてこない「時かけ」。
とりあえず29日はテアトル新宿にかけこみます。でも、貞元クリアファイルより、トレーラーDVDとかがほしいぞー。ほんと、たった90秒で夏までもたせられますって。あの予告編、すごい好き・・・。
そうじゃなくても、ただキャラデザに関わっただけの貞元絵を前売り特典て。
あーでも、ニュータイプの絵を見ると、貞元絵も本編の印象にかなり近い(というかあの絵は山下さんとかが書いたのかと思った)から、まぁアリか!
今の公式トップみたいなのより、あーいう、細田的な、背景と人物が溶け込んだ絵がクリアファイルになってるといーな。
そしたら、二枚とは言わず何枚でも買いますぜ!!前売り!!
(前売りの売れ行きって結構大事みたいだから、頑張ろうと思います。いちファンとして)
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-18 23:19 | ブレイブストーリー

うぁぁぁー!!!

ゆずスキン!!!
ゆずスキンン!!!!!!!

嬉しいーーーーーーーーーー!!!!!
うあぁぁぁーーー!!!!!!

い、印刷印刷・・・・
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-14 14:19 | ゆず

時かけ公式サイト更新

あぁ・・・あぁ、細田イズム!!!
すっげぇ、すっげぇ、楽しみ!!!!!

心配してた貞元臭は、まったくなくて安心。安心。
作画監督ではなく、キャラクターデザインだもんね。
うあぁ・・・よかった。よかった。嬉しい。

2ちゃんの細田板も、前の落ち着きを取り戻していて安心。
ほんとここの板の人の会話はレベルが高くていいなぁ。勉強になります。

とりあえず、ほんと、楽しみにしてようかと思います。
ブレスト、時かけと、この二作品が、私の二年ぶりの夏休みをどう彩ってくれるか。楽しみ!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-04-05 22:37 | 細田守・「時をかける少女」