カテゴリ:その他アニメ( 46 )

「おぉ~い、どこ行くんだ~?」
「ちょっと21世紀までー!」

「あぁー!ソ連館が崩壊したぁー!!」

「ハロータロー岡本太郎ー!」

「最近春日部もいいかんじになってきたよな」

「20世紀博からのお知らせです」
「あしたのあさ、むかえにまいります」

「とーちゃんかーちゃん、むしするなー!!」

「こいつだれ?しん・・・しん・・・」
「しんたろう」
「そうだしんたろう」
「違うぞ、オラしんのすけだぞ!」

「んもー!それもこれもあなたが甲斐性なしだから!」
「やめろよ、疲れる」

「今日はそれで我慢してね、あと15年したらお酒飲ませてあげる」
「ネネちゃん、なんかはまってる」

「おんななんて、どいつもこいつもおらんだだー!」
「・・・ウーロン茶だよなあ・・・」

「何やってたんだろう僕たち・・・」
「お酒の匂いに酔ってたのかな・・・」
「あたま痛い・・・」
「いや~、オトナってたのし~なぁ~!!」

「みぎてをご覧くださ~い、変な顔と変な服のオトナがこちらを睨んでおりま~す」
「いよっ、ガスバイドさ~ん!」
「さっそくのオヤジギャグありがとうございま~す」
『あーるぷすいちまんじゃーくこやりのうーえであるぺんおどりをさあおどりましょ!』

「それよりオラは、コンパニオンのおねえちゃんと遊びたいなあ~」
「こらあんた、子供の前で」

「まってよとーちゃん!」
「とーちゃんはとーちゃんだぞ!」

「昔にはその時代の匂いがあった」

「あなた、どうしたの?」
「畜生、出口はどこだ、どこにある!早くここから出ねえと、懐かしくて頭おかしくなりそうなんだよ!!」

「・・・・最近走ってないな」
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-24 22:25 | その他アニメ

ぎょわー!!!

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00114/v00630/
ややや、ヤフー動画でホームズ配信されてますわよ!!!
宮崎駿監督演出の回は必見ですわよ!!!!
うあー嬉しいっ!!!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-22 23:12 | その他アニメ

アニメラマ

http://www.youtube.com/watch?v=08rizpspmug
「千夜一夜物語」を、まず見てきた。
なんというか・・・とにかく圧倒された。
未成熟な技術を凌駕する手塚治虫氏やその他のスタッフのイマジネーション。
アニメーションとは何かを模索し続けた手塚氏の一つの結論。
二時間の映像によってさらけだされた、人間の持つすべての欲。
何よりも、時には美しく、時には醜いほどの「性欲」への表現は、さすが手塚氏。
とにかく圧巻。すごすぎる。

この「千夜一夜物語」、青島幸男さんと岸田今日子さんが主演でした。
こんなにすごい演技者とほんの少しでもおなじ時を生きることができたっていうことに喜びを感じます。
ご冥福をお祈りします。



帰ってきてナルトのOPを見ました。
「30年経ってアニメーションはこんなに進化したのか・・・!!!」と、妙に感動。
いやーほんと良いOP。りょーちも恐るべし。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-22 11:24 | その他アニメ

渡辺歩を語る

もうじき「ドラえもん のび太の恐竜2006」のDVDが届く。
スペシャルエディション、渡辺監督の「うごくえほん」が付いてくる方だ。
非常に楽しみ。
待ちきれないので、以前録画しておいた感動短編の「おばあちゃんの思い出」と「ぼくの生まれた日」、「のび太の結婚前夜」、「帰ってきたドラえもん」を見た。
すべて「~恐竜」の監督、渡辺歩が撮った映画だ。
以下少々ネタバレあり。

久しぶりに見返してみて驚いたのだが、これらの感動短編、全て同じロケ地で撮影されている。
「おばあちゃんの~」で、過去へ行ってのび太がおばあちゃんと再会する坂道は、「ぼくの生まれた~」で、両親にしかられてのび太が家出をするシーンで出てくる。
「ぼくの生まれた~」で、両親と仲直りする土手は、「結婚前夜」で大人ののび太が先生と会うシーンで出てくる土手である。
ロケ地・・・とはちょっと違うが、「帰ってきた~」は、のび太の家が「ぼくの生まれた~」と同ポジで撮影されているシーンがある。
メディアミックスの枠組みの中でいかにスタッフの作家性を出すことができるかというのは、近年のジャパニメーションにとって重要な課題だと私は考える。
渡辺監督はこの手法によって、原作の藤子氏の漫画を、自身の「映画」に昇華させることに成功していると感じた。

とはいっても、なにより渡辺監督の作家性は「動き」につきる。
あまりにもよく動くので、一部では「演技過剰」と言われたりする。だが、それは後期大山ドラの作画が硬すぎだったことに原因があるように思う。
アニメの面白さというのは、一本の線がどんな形にでも変身できるところにある。エヴァンゲリオンのTV版最終回を見た方ならこの魅力がわかることだろう。
「のび太の恐竜2006」で、白亜紀へ行ったのび太達がティラノザウルスに襲われるシーンでは、ものすごい勢いでのび太達の線がぐちゃぐちゃになり、原恵一の「~オトナ帝国」では、タワーを必死で登るしんちゃんの線がはちきれんばかりに殴り書きされている。
このように、アニメでは、一本の線が感情を表現する。「原作どおり(キャラクターデザインどおり)の絵で」、「静止画で見ても綺麗な絵を」、というような考えはアニメ的ではない。それなら漫画読めばいいじゃんという話なのだ。
何十年もやってきてあそこまで等身が高くなるキャラクターデザインというのもある意味ものすごい勇気があると思うが、やはりあの絵では表現できるものが本当にかぎられてしまっていた。
渡辺監督の演出が「演技過剰」と言われたのは、あのデザインがかろうじて許容できる表現を、監督が飛び越えてしまったからだろう。
「のび竜」の作画で、感動短編を見たいなどといったら失礼極まりないのは承知だが、やっぱり見てみたいなと思った。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-15 10:58 | その他アニメ

『パプリカ』 エンディング曲がアカデミー賞エントリー!

パプリカ公式サイトより。

うっうわぁ・・・うわぁ・・・ちょ、ちょ、ちょ・・・・!!!!!!!!
アカデミー賞って!あかでみーしょうって!!!!!
え、日本アカデミー賞じゃないよね、え、あの、あのアカデミー賞だよね、え・・・!!!
うわあーーーー!!!!
こんかんとくー!!!!!!すっげーえぇぇぇ!!!!!!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-14 00:54 | その他アニメ

はーつーばーいー!!!

すーるーどー!!!!!!!!!

「ディープ・イマジネーション 想像する遺伝子たち」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000KLNT1G?tag2=ceeaa-22
ほしいほしいほしい・・・・!!!!!!
小林治と中澤一登のやつがめちゃめちゃもういっかい見たいっ!!!!
レンタルはなさそうだしなぁ・・・もともとは雑誌の付録なわけだし。
うーん・・・・ほしいなぁぁぁ!!!
DVD特典とかあるのかな。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-07 20:13 | その他アニメ

FF6A/今週のベルばらKids

気がつけばもう発売中。
ものすごい欲しいけど、どの機械で遊んだらいいのかよくわからないので迷う・・・
この先のことを考えるとDSが良いのだろうか?
でもあの二分割画面がどうしてもぴんとこないんだよなぁ・・・
個人的にアドバンスミクロがものすごく普通に可愛くて欲しいんだけど、FF6のあの超美麗画像をあんなちっこい画面で見るのは気が引ける・・・
うーん、うーん・・・・
しかし何度聞いてもあのメインテーマはしびれるな!!
公式でロックに会えた~とか言ってるCM見たらほんとロックに会いたくなってきた。
ちくしょーやっぱあいつかっこいい!

だが今見るとFF6ってものすごい厭世的というか、退廃的というか、ものすごい世界観のあるゲームだったんだと気付く。
当時小学生だった私がこの世界に引き込まれたっていうのはなんなんだろうな。
ゲームっていいね。


追記:
今週のベルばらKidsに黒の騎士がっ!!!!!くろのきしがぁぁ~!!!!
かかかかかわいいかわいいかわいい・・・(がたがた)
たったひとコマしか出てないのにこのときめき!!ぐあー!!
ロザリーもほんと可愛い。可愛い。
黒の騎士ネタもっとやってくれ、もっとやってくれよ池田せんせ!!
てかアンドレ黒騎士を!みせてくれ!見たいっ見たいっ!!!
あーもう自分で書くか!黒の騎士ネタ!!(笑)
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-03 20:54 | その他アニメ

うむむ

ネギま!?は、たまにふと「あれ、何で私こんなアニメ観てるんだろ・・・!?」と思ってしまいます(笑)
アップの絵があまりに少女漫画(少女向け漫画ではなく少女の漫画という意味)なのと、
戦闘シーンの動きが悪いのがちょっと良くない・・・気がする!
だがそういうところにぶつぶつ言ってても、5分に一回は「おぉーっ!!」とさせてくれるシーンやらなにやらがあるのがこのアニメの素晴らしいところ。
というわけで、活目して次回を待ってます。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-11-09 22:16 | その他アニメ

名作は名作である

ベルばら読破っ!!
いやーもうすげぇ面白かった・・・・
テニスコートの誓いとか、授業で聞いたときはなんじゃそらだったけどこれ読んでやっとわかった。
歴史漫画としても、少女漫画としても、アンドレに恋する漫画としても読める。
すげぇ・・・すげぇよ池田せんせ。
というわけで明日からベルばらKIDSのガシャポンを探しに街をさ迷おうと思います・・・
あぁ、どうしてひとつだけでもやっておかなかったんだ私は・・・!!
すまないアンドレ!!!

あとアドルフに告ぐも二巻まで読んだ。
浦沢直樹、プルートウじゃなくてこれをリメイクしてくれればいいのにー!
ってかMONSTERが浦沢版アドルフに告ぐ、といったかんじか。
とにかく久しぶりに漫画を読んで手に汗握りました。
いやーほんと・・・こんなはらはらドキドキの漫画をただ難しそうというだけで読んでなかった自分が情けないっ
峠さんファイトー!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-11-09 00:19 | その他アニメ

きた。

きた。

きたきた。

きたきたきたきたきた。

きぃーーーーーーーたぁぁーーーーーーーーー!!!!
残月!!マッド!!署長!!ていうか、正太郎・・・・鉄人っ・・・・!!!!
今川さん!!泰宏!!!泰宏っ!!!!あぁーあぁっ!!!!

モーニングショーでもいいですよ。
ていうか私の鑑賞代で全国拡大上映させてやる。
うっへっへ、いやはやなんとも嬉しいですなー!!!
細田さんがあまりに優秀な子になっちゃったので、ちょっと問題児な今川さんに愛が降り注ぐ(笑)
あぁもう楽しみ楽しみーーー!!
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-11-08 20:33 | その他アニメ