一日にあんまり記事を出すと

なんかいろいろアレだ。でも出す。

とりあえず最近少なからずも以前と違いオナヌブログではなくなったのだからちゃんと記事をわかりやすくせねばならぬ。
下にあるのはまあ大体分かると思うが私の大尊敬する映画監督原恵一氏の「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」の記事。
24日、スカパーでこの映画を久しぶりに鑑賞した。
その感想も兼ねているし、先日読んだ雑誌「CUT」のアニメ映画特集でこの映画の名ゼリフが風間君の「大人ってそんなに良いものなのかなぁ・・・」と書いてあって、「でも他にも良い台詞いっぱいあるし!」と思ってつらつらと書き出したら本当にきりがないほどずらずらと書いてしまって収集がつかなくなったという記事でもある。
ちなみに映画を観ながら書いたわけじゃないので実際のものとはかなり違うものもあると思う。だがそらでここまで書き出せるほどのこの映画に対する愛は自分でもなかなか誇らしい。(笑)

25日はテアトル新宿にて「パプリカ」を鑑賞。
東京国際映画祭で観てから約一ヶ月ぶりで、新たな発見が大量にあって驚いた。
初見時は、私がパーフェクトブルーを好きなせいで「ラストはパプリカが敦子を殺しに来るんだきっと!」とか、CMの印象から「時田は絶対悪いやつ!」とか色々妄想を抱いて鑑賞したせいで、それと実際の作品とのギャップを埋めきれずに終わってしまった。(笑)
今回は原作もちょびっと読んだおかげで大分見方が分かって、しっかりと楽しむことができた。

というかまじで、ほんと面白い映画だったまじで。
あぁ、映画って楽しいものなんだと本当に心から感じて劇場から出ることが出来た。
ありがとう。

(ちなみに上の記事偶然24、25日に言及してるがイエスの生まれた日とは関係ない。
ゴー宣を読んで私はこの二日間にもう二度とメリーとか言わないと心に決めた。
有色人種の我々がキリスト教徒と同じ日を祝うなどいかに愚かしいことか)
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-27 23:42 | 普通の日記
<< まあ美しくはない確実に オトナ帝国 >>