渡辺歩を語る

もうじき「ドラえもん のび太の恐竜2006」のDVDが届く。
スペシャルエディション、渡辺監督の「うごくえほん」が付いてくる方だ。
非常に楽しみ。
待ちきれないので、以前録画しておいた感動短編の「おばあちゃんの思い出」と「ぼくの生まれた日」、「のび太の結婚前夜」、「帰ってきたドラえもん」を見た。
すべて「~恐竜」の監督、渡辺歩が撮った映画だ。
以下少々ネタバレあり。

久しぶりに見返してみて驚いたのだが、これらの感動短編、全て同じロケ地で撮影されている。
「おばあちゃんの~」で、過去へ行ってのび太がおばあちゃんと再会する坂道は、「ぼくの生まれた~」で、両親にしかられてのび太が家出をするシーンで出てくる。
「ぼくの生まれた~」で、両親と仲直りする土手は、「結婚前夜」で大人ののび太が先生と会うシーンで出てくる土手である。
ロケ地・・・とはちょっと違うが、「帰ってきた~」は、のび太の家が「ぼくの生まれた~」と同ポジで撮影されているシーンがある。
メディアミックスの枠組みの中でいかにスタッフの作家性を出すことができるかというのは、近年のジャパニメーションにとって重要な課題だと私は考える。
渡辺監督はこの手法によって、原作の藤子氏の漫画を、自身の「映画」に昇華させることに成功していると感じた。

とはいっても、なにより渡辺監督の作家性は「動き」につきる。
あまりにもよく動くので、一部では「演技過剰」と言われたりする。だが、それは後期大山ドラの作画が硬すぎだったことに原因があるように思う。
アニメの面白さというのは、一本の線がどんな形にでも変身できるところにある。エヴァンゲリオンのTV版最終回を見た方ならこの魅力がわかることだろう。
「のび太の恐竜2006」で、白亜紀へ行ったのび太達がティラノザウルスに襲われるシーンでは、ものすごい勢いでのび太達の線がぐちゃぐちゃになり、原恵一の「~オトナ帝国」では、タワーを必死で登るしんちゃんの線がはちきれんばかりに殴り書きされている。
このように、アニメでは、一本の線が感情を表現する。「原作どおり(キャラクターデザインどおり)の絵で」、「静止画で見ても綺麗な絵を」、というような考えはアニメ的ではない。それなら漫画読めばいいじゃんという話なのだ。
何十年もやってきてあそこまで等身が高くなるキャラクターデザインというのもある意味ものすごい勇気があると思うが、やはりあの絵では表現できるものが本当にかぎられてしまっていた。
渡辺監督の演出が「演技過剰」と言われたのは、あのデザインがかろうじて許容できる表現を、監督が飛び越えてしまったからだろう。
「のび竜」の作画で、感動短編を見たいなどといったら失礼極まりないのは承知だが、やっぱり見てみたいなと思った。
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-15 10:58 | その他アニメ
<< 文化庁メディア芸術祭 『パプリカ』 エンディング曲が... >>