マモタンの愛称はあながち間違ってはいなかった

時かけ公式ブログの細田監督が可愛すぎる。
あぁんもうなんだよ・・・すっげえたのしそうじゃねえか・・・
一年前は「放送作家が~ジブリが~」ってゆってたやんか!むおぉ・・・
いやいや、嬉しいことです。


というわけで舞台は本日初日を迎えました。
情報送るとかなんとか言ってうだうだしててごめんね、まっさ!(突然私信)(読んでるかなここ・・・?)
ここに書いておくので、もし都合が合うようなら是非来てください!嘘です、絶対来てください!(読んでるかなここ)
ここ読んでくれたら携帯かパソコンにメールくれると嬉しい・・・(読んでるか以下略)


「ニライカナイの波」
~カチャーシーぬハイビスカスを越えて今、ニライカナイへ~
作・演出: 牧 原 一 義
場 所:シアターVアカサカ
日 時:2006年12月12日(火)~17日(日)
料金:2500円(通常3000円のところ友情割引で・笑)

12(火) 13(水) 14(木) 15(金)19:00~
16(土) 14:00~、19:00~
17(日)  14:00~
[PR]
by yuzukkoaiko | 2006-12-13 01:43 | 細田守・「時をかける少女」
<< 『パプリカ』 エンディング曲が... 時かけDVD >>